サロン・ドートンヌについてのページです



■日仏フィグー社・美術部門は、フランス・パリの国際公募美術展のなかでも常に画壇をリードして来たサロン・ドートンヌの日本からの応募窓口業務を行っております。このコーナーは、サロン・ドートンヌに自らの作品力で挑戦していこうというアーティストの皆様のための情報コーナーです。


サロン・ドトンヌについて サロン・ドートンヌ について


 サロン・ドートンヌ展(またはサロン・ドトンヌ展)は、1903年にマティス、ルオー、フランツ、ヴィヤール、マルケ、ボナール、カモアン、フリエスら、現在にその名を残す実力派アーティスト達の参加によってその歴史をスタートさせました。サロン・ドートンヌ展(日本語で“ 秋の展覧会 ”を意味します)設立の理由としては、当時、大変に保守的であったル・サロン展をはじめとする旧態依然としたフランス画壇に対する反抗があったと言われています。パリで大きな力を誇っていたサマリティーヌ百貨店がメイン・スポンサーになったことや、多くの優れたアーティスト達が次々と参入したことなどが、サロン・ドートンヌ展躍進の大きな原動力となりました。1905年のサロン・ドートンヌ展では、インパクトのある展覧風景が野獣の檻と称された新しいフォービズム作品や現代芸術への礎となったキュービズムが確立され、その後もサロン・ドートンヌ展の舞台で現在に繋がる様々な作品スタイルが認知されるなど、サロン・ドートンヌ展誕生以来この110年間で、フランスのみならず、世界の美術コンクールの傾向は大きく変わったと言っても過言ではありません。ル・サロン展を始めとするパリの各国際サロン展も、その後の変化をたどると、サロン・ドートンヌ展から大きな影響受けていることが容易に想像でき、その世界的な知名度もサロン・ドートンヌ展が完全に他のサロン展をリードしています。現在、パリが芸術の都といわれるのも、サロン・ドートンヌ展の発展があってのことなのです。
 作家達の顔ぶれも実に魅力的で、セザンヌ、ピカソ、ブラック、カンディンスキー、モディリアニ、ルノワール、ミロ、ユトリロ、ルドン、カリエール、ドラン、ヴラマンク、ヴァン・ドンゲンらが活躍して来ました。マルクス、ユイスマンス、ヴェルバーレンなどの文筆家達も着目し、前述のようにフォービズムやキュービズムの作家たちにも活躍の舞台を提供、近代美術史上に大きな実績を残しました。また、藤田嗣治(レオナール・フジタ)、小山敬三、東郷青児、佐伯祐三、荻須高徳、小磯良平、ヒロ・ヤマガタ、鶴岡義雄ら、実力派日本人作家達も登竜門として数多く挑戦してきました(※日仏フィグー社調べによる)。
 優れた抽象作品、前衛的作品が多く出展されるサロンとして有名ですが、同時に具象作品や写実作品、ポップアート、デジタルアートも含めたあらゆる傾向の作品も多く受け入れており、現在に於いても他の歴史的サロン展とは一線を画し、常に新しいアートの形を探求しつづけるサロンとなっています。この姿勢こそがまさにサロン・ドートンヌといえるのです。

  近年は、パリの目抜き通りであるシャンゼリゼ通り特設会場などで賑やかに開催されており、その存在感を示し続けています。同時に海外との芸術交流にも積極的で、従来のサロン・ドートンヌ審査会によるセクション毎の公式入選作品の展覧と併設して、諸外国を含む各地の美術団体などによる団体作品展示ブースを会場内に数箇所にわたって設けるなど、公式入選作品以外のバラエティーに富んだ作品展示も見られるようになりました。また、シーズンオフには、一部役員らがそれら各国美術団体の拠点に出向き、フランス国外での交流展に参入することで、パリのサロン・ドートンヌ展をフランス国外のアーティストや美術関係者に向けて広報することにも成功しています。

 このサイトの運営者の日仏フィグー社は、サロン・ドートンヌ展主催元であるサロン・ドートンヌ協会事務局(本部:パリ・グランパレ美術館内)による長年のご協力のもと、サロン・ドートンヌ展への日本からの応募窓口業務を行っておりますので、団体・個人に限らず少しでも興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせ下さい。

 尚、日仏フィグー社は団体作品展示ブースなどへの斡旋ではなく、ご利用者様全員にパリのサロン・ドートンヌ審査会による正式な現地審査を個別に受けていただき、入選者の作品はセクション毎の公式入選作品展示壁面に展覧される事を保障いたしております。それと同時に、入選後の作品国際輸送については、大切な作品だからこそ、何よりも安心安全を第一に、法に基いた責任ある国際輸送方法を貫くプロとしての業務を徹底しながらも、低価格実現の努力を続けております。手荷物による安易な個人輸送や船コンテナ便輸送などの手段は一切取っておりませんので、どうぞ安心してご利用下さい。

夜間も賑わうサロン・ドートンヌ展です。サロン・ドートンヌ展の初日の会場内は熱気に満ちています。サロン・ドートンヌ展に選出された作品に来場者の視線が注がれます。サロン・ドートンヌの精鋭たちの姿も見えます。
※近年のサロン・ドトンヌ 会場の様子です。初日は海外からの精鋭達も集います。



サロン・ドトンヌについて サロン・ドートンヌ応募データ

■主催:サロン・ドートンヌ協会(本部・パリ)。

■会期:毎年1回(秋)、実施月は年により異なり期間は5日間〜1週間程度。

■会場:パリ市内(シャンゼリゼ特設会場、エスパス・シャラントン、グランパレ美術館など年により変更アリ)。
※2017年度展は2017年10月11日に、シャンゼリゼ大通りの特設展示場にて開催。2018年度も10月開催予定。
※開催日時や場所は稀に変更になる場合があります。
※只今、日仏フィグー社では、次年度2018年度サロン・ドートンヌ展へのエントリーを受け付けております。

■審査:サロン・ドートンヌ協会による作品写真をもとにした審査。

■応募時期:通年(サロン・ドートンヌ協会側の審査時期は限られていますが、受付は当社で通年行っています。)
※確実なエントリーのために、実際に展覧会が開催される前年までに当社に申込みをされることをお勧めします。
※現在、日仏フィグー社において2018年度サロン・ドートンヌ展へ向けてのエントリーを受け付けております。

■現地審査期間:毎年3月ごろ〜7月ごろ(パリ・非公開)。(年度により期間は大きく異なります。)
※現地審査期間と応募の時期は異なりますのでくれぐれもご注意下さい!
※応募遅れが無いように、現地審査開始より少なくとも半年以上前に申し込まれると確実です。

■審査結果発表:毎年7月頃。
※例えば2017年度の場合、サロン・ドートンヌ審査会の正式な現地審査を受けられた方の結果発表は7月でした。

■賞:サロン・ドートンヌ友好協会及び後援スポンサーによる賞が若干あります。

■応募資格:特になし、応募手続きも日本全国から簡単に出来ます。

■応募可能ジャンル:絵画、写真、版画、平面コラージュ、タぺストリー、その他。

■応募料:税込 50,000円 
※当社サービスで、通常必要な審査用作品撮影やデータCD作成などの手間と別途費用が不要で安心です。
※当社サービスとして希望者には額を無料レンタル(額不要ジャンルを除く)させていただきますので、額費用も不要です。
※入選した場合には作品輸送や展示に要する出展費用(下記)が別途必要となります。
※他に、料金面や手続きの負担がより大幅に少なくなるエントリーコース(パック料金)も用意しています。
※料金は外国為替レートや現地審査料金の改定により変動する場合がございますので事前にご確認ください。
※下記の(Q&A)も、ご参照ください。

■入選した場合の出展費用:税込 98,000円 (30号サイズ作品までこの価格なので安心です。)
※国際航空便による往復海外輸送費や現地作品搬入出代行費を全て含んだ金額です。
※当社サービスとして希望者には額を無料レンタル(額不要ジャンルを除く)させていただきます。
※他に、皆様からの声から生まれた、入選時の負担を抑えたエントリーコース(パック料金)も用意しています。
※サロン・ドートンヌ展の趣旨に基き、入選後の出展取り消しは出来ませんのでご注意下さい。
※料金は外国為替レートや現地審査料金の改定により変動する場合がございますので事前にご確認ください。
※応募手続きをご自身で行われ入選された方の作品国際輸送及び現地搬入出のご依頼も喜んで別途承ります。
※大きな作品は、どのような輸送手段を講じても国際輸送時の安全上のリスクが高くなります。日仏フィグー社では日本からご出展の皆様の作品の安全を何よりも最優先した輸送方法と作品サイズの設定を行っております。ご不明な点やご要望はお気軽にご連絡くださいませ。
※下記の(Q&A)も、ご参照ください。


■お問合せ先・応募お申込み先:日仏フィグー社・美術部門
※電話: 079−542−2320 FAX: 079−542−0304 メール: nffigue@hotmail.com
※神戸の北方、緑豊かな加東市(兵庫)にて、日本全国からのお問合せを承っております。
※メールの場合は、タイトル・お名前(ご本名)・ご連絡先(お電話番号など)・お作品ジャンルを明記下さい。


サロン・ドトンヌについて よくある質問(Q&A)

Q:フランス語がわからないのですが、問題ないですか?
 →全く心配無用です。日仏フィグー社・美術部門は日本語のエントリー用紙を用意しております。作品題名などは日本語のままで結構です。作品のニュアンスを壊さないフランス語題名に翻訳させて頂きます。

Q:応募時に、応募料以外にさまざまな費用が必要だと聞いたのですが?
 →サロン・ドートンヌ展への応募時に審査用作品写真データをご自身でご準備の場合は、応募時には上記応募料以外の費用は一切不要ですので安心です。また、応募時に実際の作品をお送りいただき、審査用作品写真データの作成を日仏フィグー社・美術部門に依頼される場合でも、日仏フィグー社・美術部門と応募者間の作品輸送実費(通常、30号の平面作品で宅配便利用の場合は、往復あわせて2,000円〜6,000円程度で、ご利用の宅配屋さんに直接お支払い下さい)以外は、一切必要ありません。サロン・ドートンヌ展への応募時に通常は必要な、額の費用やカメラマンによる審査用作品写真データ作成とその費用などなど、わずらわしい追加費用や手続きも日仏フィグー社・美術部門のサービスをご利用になれば、一切不要です。 ちなみに、パリの事務局へご自身で直接応募をされた場合、審査用作品写真データの作成やフランスへの国際送金手数料、通信費など、応募前には気付かなかった費用が後々積み重なり、結局は手間と時間そして費用も余計にかかると同時に、応募書類や国際送金が現地で無事に受け付けられたかどうかの確認も容易ではありません。同じ応募をするのであれば、応募時の様々なリスクを確実に回避し、安心して海の向こうフランスへ向けての応募を実現したいものです。日仏フィグー社・美術部門では、皆様からの声にお応えすべく、安心且つ明確な費用と確実な現地手続きを実践し続けています。

Q:入選後のサロン・ドートンヌ展への出展費用はいくらになりますか?
 →絵画などの平面作品の場合、30号程度までの大きさなら、9万円前後(年度により若干異なります)で納まります。もちろん往復の国際航空輸送料も含まれています。個人で輸送会社に委託したり、日本の美術会社を利用するなどして結局は十数万円以上かけてしまったという方や、安易な低価格輸送で作品の安全性が損なわれた経験をお持ちの方なども多くいらっしゃるようですが、当社は国内の大手国際輸送各社や航空会社との連携で正規の国際貨物航空輸送を実践しつつも作業効率を極限まで上げることにより低コスト化を図っています。また、日仏フィグー社では希望者に展示用額を無料レンタルするサービスも提供させて頂いておりますので無駄な追加費用のご心配も不要です。彫刻などの立体作品については、その重さと台座の体積により大幅に異なってまいりますので、その都度御相談ください。ケースに応じて出展者にとって、最も安心で良心的な方法を取らせて頂けるよう努めております。また、日仏フィグー社・美術部門では、特に真剣に国際作家の登竜門であるサロン・ドートンヌへの挑戦を続けていきたいが毎年の負担が心配と言うアーティストの皆様の御要望にお応えし、応募料と出展費用の総額が大変割安になる独自のエントリーコース(パック料金)も用意いたしておりますので、別途御相談下さいませ。

Q:サロン・ドートンヌ展への応募作品の全体的な傾向はどんな感じでしょうか?
 →一般的に日本ではサロン・ドトンヌは前衛的な作品が多いと言われていますが、現地ではその様な固定概念はないようです。超リアリズムを追求した作品や風景・心象なども作品力があれば選抜されます。もちろん前衛的な作品や抽象作品などを手掛けるアーティスト達は多く出展しています。サロン・ドートンヌ協会側も分け隔てなく選抜していますので、傾向を気にせず、応募できるパリに於ける国際的な公募展です。

Q:日本全国どこからでも受け付けてもらえるのですか?
 →はい。日本全国どこからでも共通のエントリー方法でお申込みいただけるシステムを日仏フィグー社は構築しています。日本国内の公募展に応募・出展する以上にシンプルな方法で海の向こうで開催される国際公募展の舞台に安心して挑戦していただけるよう日仏フィグー社・美術部門は日々努力しています。

Q:サロン・ドトンヌ展で入選作品を販売することは可能でしょうか?
 サロン・ドトンヌや、ル・サロン、パリ・アンデパンダン展などの著名なサロン展に限らず、フランスの公募展では作家の要望に応じて作品に価格を付けることが可能となっています。作品の買取を希望する来場者がいらっしゃった場合には、サロン・ドトンヌの担当者が仲介をし責任を持って売買契約を成立させます(但し、所定の売買手数料が差し引かれます)。作品を売って収益を得るというのは、プロまたはそれを目指す者として当然の考えであり、それは公募展の場でも何ら変わりありません。通常、作品価格は人目に触れることは無く、あくまで問い合わせた来場者にのみ知らされるシステムとなっていますので安心です。ご自身の考えで価格を設定してみるものサロン・ドトンヌ展に於けるひとつのチャレンジだといえるでしょう。もちろん、非売作品として出展することも可能ですので、手放したくない作品には価格を付けずにサロン・ドトンヌ展に出展するのが無難です。

Q:サロン・ドトンヌ展に関する様々な日仏フィグー社のサポートについて教えてください。
 日仏フィグー社では、サロン・ドトンヌ展への応募手続き以外にも、希望者にはサロン・ドトンヌに関する様々なサポート業務を行なっております。主なサポート内容(一部)は以下の通りです。
・日本からのサロン・ドトンヌ会員に関わる諸手続き。
・サロン・ドトンヌ会員更新手続き。
・ご自身でフランスでのサロン・ドトンヌ展応募エントリー手続きを行なわれた方への現地作品搬入出代行業務。
・サロン・ドトンヌ展の図録のパリからの取り寄せ業務。
・その他、サロン・ドトンヌ展に関することを皆様の立場に立って実現出来ますよう、お手伝いを承ります。


※上記以外のサロン・ドトンヌに関するご質問は、お気軽にサロン・ドトンヌ応募窓口担当までどうぞ。


●ホーム画面へ戻る     ●前画面へ戻る     ●お問合せフォームへ





日仏フィグー社・美術部門推奨サイト
アーティストの強い味方!アートナビサイトです。 フランスでやりたいことを実現する!フランス直行便サイトです。 フランス政府観光局のサイトです。 ル・サロン 窓口業務でおなじみの日仏フィグー社が運営する美術商NFFJAPON